記事一覧: 映画 お出かけ チューダー朝

オデッセイ2016年02月08日

ステロイドでドーピングしたアポロ13。あっちが好きな人はこっちも是非。アポロ13知らない人にもおすすめ。


  The Martian (邦題: オデッセイ)


 原作 The Martian (邦題: 火星の人)


うちの奥さんと二人で見てきました。IMAX 3D。奥さんによれば「あんまり3Dにした甲斐がなかった」そうですが、僕は広大な火星の風景をIMAX 3Dで見られてよかったなぁ。


火星の大平原を進むローバーは、西部の荒野を進む幌馬車のよう。アメリカ人なら胸にこみ上げるものがありそう。


かなり原作に忠実で、登場人物たちが交わすセリフの中の割合細かいジョークも再現されていた。しかし、彼らのジョークのスタイルはきわど過ぎて、ちょっとついていけない。火星にワトニーを置き去りにしたチームのメンバーが、数ヶ月ぶりにワトニーと交信するときのセリフが、「置き去りにしてすまない。でもみんな君のことが嫌いだったんだよ。」これが言えるぐらい仲が良かったってことなんだろうけど。


映画では臭いがしないのが残念、というか、しなくてよかったのかもしれない。畑の肥やしを準備するシーンや、何ヶ月もシャワーなしに過ごした後のシーンがある。原作を読んだ時には、結構むせそうな濃厚な気体が襲ってくる印象があった。でも、映画では、どちらのシーンも描かれていたけど、控えめな表現でした。


映画も原作もどちらもいいのだけど、良さはそれぞれ違う気がする。


原作の良さは、分かりやすい語り口。難しい科学的なあれやこれやの発想を、驚くほどとっつきやすく説明している。映画の方は、原作のおかげでその辺かなり得をしているけど、原作のわかりやすさには及ばない。原作ではワトニーが書いた日誌の文章に書いてあることが、映画では、ワトニーがカメラに向かって一人で語っている。それも業務日誌なんだけど、やはりあまり細かいことを語るシーンにすると、映画として無理が出てくる。


また、原作には、「一度に一つずつだ」というセリフが何度もでてくる。これは、困難に立ち向かう上でも、有効な考え方だろうけれど、実は小説の読者に向かって込み入った話を説明する上でも、一度に一つずつの方が都合がよかったんだと思う。


じゃあ映画の良さは、というと、火星の風景と、宇宙船ヘルメスの造形。


進んでも進んでも景色が変わらなそうな火星の広大さは原作を読んでも感じられたのだけど、ある地点から見渡した時の火星の印象は、原作を読んでいても想像しきれなかった。映画の中の火星の景色は気が遠くなりそうだった。かつて火星に送り込まれた無人探査船パスファインダーをワトニーが探しにいくシーンがある。原作だと、パスファインダーを見つけるシーンはあっさりしていて、見つけた後でワトニーがあれこれ語っているのだが、映画では、パスファインダーがあるはずの地点にワトニーが来ても、見渡す限り何もない。絶望的な広さが強く印象に残る。


ヘルメスは本体の回りに回転する居住区があって、遠心力で疑似重力を作り出している。SFでは珍しくもない仕組みだが、原作を読んだときには、そもそもそういう設定に気が付かなった。映画の中では、本体と回転居住区の間の接合部のシーンが何度も出てくる。船内も、船外からのシーンも。船内では宇宙飛行士たちが無重力の本体を漂ってきて、重力がある居住区につながる「縦穴」に飛び込むと、そこにははしごがあって、その両脇に手を添えてするすると滑り降りていく。火事の知らせを受けて、出動のために消防署のポールを滑り降りる消防士さながら。船外では、ヘルメスの表面の構造につかまりながら船首から船尾まで行こうとする宇宙飛行士が、回転居住区のスポークの隙間をタイミングを計って潜り抜けるシーンがある。


マット・デイモンはワトニー役がよく似合ってました。最初にこの配役を聞いたときは合わないとおもったのだけど。だって、植物学者の宇宙飛行士と聞いて、あんなマッチョな人物を想像しないでしょ?でも、映画を見ると、あのくらい体力がないと、畑の世話もローバーの改造もできないなぁと納得したのだった。


船長ルイス役の人はどこかでみたような気がするのだけど、調べたかぎりでは実は見てなかった。Rome の セルウィリアとか、SHERLOCK シーズン3でマグヌッセンに脅迫される議員とかをやってた Lindsay Duncan って人に似てますが、歳が違いますね。この人は Jessica Chastain てのか。最近いろいろよさげな映画に出てます。見てみなきゃ。


中国はこの話ではおいしい役どころ。救出計画が失敗して悲嘆にくれるNASAに力強い手を差し伸べる白馬の騎士。日本はまったく出番なかったな。


とある行為が原因で、「この仕事が終わったら辞任してもらう」と言われていた人は、すべてが終わった後で、辞めずにすんだのかな。最後のシーンをちゃんと見てれば分かったと思うのだけど、見逃したなぁ。


あ、そうそう、エンドクレジットみてたら、見慣れない綴りの名前が大量にあった。東ヨーロッパ系だと思うのだけど、それはもうたくさん。一番最後に、ハンガリーの何とかという組織に謝辞があったので、ハンガリーなのかもしれない。たぶん、スペシャルエフェクツ関係のチームかな?



コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
私が好きなのは次のうちどれでしょう。
ボードゲーム 
オードトワレ 
ガードレール

コメント:

トラックバック